« 誕生日 | トップページ | ツーリング仕様改め、通勤通園仕様 »

2008年9月30日 (火)

GIVIのトップケース装着!

スカイウェイブのシート下収納は大容量だけど、子供とタンデムすると荷物も増えるし、途中で買い物するとヘルメットも入らなくなる。(イタズラが心配なのでヘルメットホルダにかけたくない)

そこで、スズキ製純正キャリアとGIVI製モノロックケース/E470NDを買っちゃいました!
ハイマウントストップランプとフロントフォークのメッキカバーだけでスマートに乗る予定でしたが、旅人?オッサン?荷物を積める黄色い車両=DHL?に変身ですcoldsweats01

全体的には難しくない作業ですが、樹脂パーツに20mmの大穴開けができる工具を持っていることが条件になりますね。電動ドリル等だけでは20mmまで開けられません。ホールソーまたはテーパーリーマーがなければホームセンターで借りるか、バイク屋にお願いしましょう。ヤスリで穴を大きくするのは、丸になりにくいのでやめたほうが...shock

2008_0923_p9230007 まずは分解。リアスポイラーとグラブバーを外します。結構重量がありますね...グラブバー無いと原チャリのスクーターみたい。外装に隠れた部分は溶接と塗装が手抜きっぽい...イイ仕事してよねぇスズキさんweep
2008_0927_p9270009 2008_0927_p9270010 ピリオンライダーハンドルカバーという長い名前の外装。リアスポイラー無しのテールカバーという感じのもの。TypeMにキャリアを付けるには、せっかく付いてるリアスポを、この外装を買って短くしなければなりません。通販で4200円でした。

ここが最大の難関。買ってすぐ20mmの大穴を4つ開けるという...ドキドキheart02

取説にはホールソーを使うように書いてありますが、このためだけに買うのもアレなので、最初に10mm穴をあけて、テーパーリーマーで広げるという手段に。しかし、手持ちのリーマーも最大15mmなので、22mmまでのテーパーリーマーを購入。どうせ欲しかったし。ノギスで直径を測りながらグリグリ穴開け加工します。
2008_0927_p9270012 2008_0927_p9270011 リアスポ(上写真)とハンドルカバー(下写真)の比較。両方持ったら重さが全然違うので比較。ハンドルカバー200g強とリアスポ600g強ありました。リアスポは他に金具と黒い樹脂カバーを取り除くので、かなりの軽量化になるgoodと思ったけど、これからキャリアとトップケース付ける人が何言ってるんだか...

気を取り直してグラブバーとハンドルカバーを取り付けます。
2008_0927_p9270015 2008_0927_p9270014 純正キャリアをボルトで固定します。滑り止めに付属のゴム板を貼るのですが、スカイウェイブとバーグマン(輸出用)の両方が付いています。どっちにするか迷ったのですが、トップケースのベース板を付けると、どうせ見えないんですよね。とりあえずスカイウェイブにしました。

気になるのがキャリアのボルトは丸見えでメッキやステンレスじゃない。雨天で乗ったら水が溜まって、そのうち錆びてくるんじゃない?
2008_0927_p9270016 2008_0927_p9270018 こんな感じでキャリアが付きます。オッサン仕様だ...
デカイお尻に小さいキャリア。本当にキャリアとして使うなら、もう少し大きくてもいいような気がします。
今回はトップケースを付けるためだけなので小さくてよいですが、どうせなら銀じゃなく黒か黄色が良かったな。
2008_0927_p9270022 トップケースのベース板をキャリアに仮固定して様子見。どこに固定用のボルトとプレートを配置するか。悩みます。キャリアに上手く固定できて、ベース板の菱型穴に合う位置って納得できる場所が無い。
トップケースを乗せてみたり、外してみたり。ケースがキャリアに当たらないかチェック!一番前にするとキャリアの持ち上がった部分にトップケースが接触するので、これぐらい空けておきますか。
2008_0928_p9280032 2008_0928_p9280030 2008_0928_p9280033 2008_0928_p9280034

ベース板を固定するのに付属のボルトとW型の金具(以下W金具)を使用するのですが、W金具はボルトを締めると点で支える感じで樹脂製のベース板に食い込みます。トップケースの取り付け説明書にも、強い力がかかるので、各自工夫してくれと。
そこでホームセンターでこんな金具を調達。ステンレス製です。W金具の上に入れてベース板への力を分散させるのが目的です。ただの金属板でも良かったけど、ボルトで一緒に締めるほうが紛失も無いし固定しやすいね。

下から見るとこんな感じです。
ボルト、座金?、ベース板、ステン金具、W金具、ナイロンナットの順になります。

あ、ボルトの固定位置4ヶ所は、ここに決めました。
なるべく外周に近いほうが外力に強いだろうけど、いい位置が無いんですよ。

2008_0928_img_5327  2008_0927_p9270024 2008_0927_p9270025 2008_0927_p9270028 

これがトップケース。抱えるとデカイです。
容量47リットル。フルフェイスヘルメットが2つ入ります。
通販で24360円+送料630円
これに純正オプションのバックレストを付けます。通販で4488円。

ネジ固定用の穴を開けます。型紙が付いていますがコピーした紙なので正確なのか心配。私はノギスで現物を測定し、型紙が合っていることを確認してから作業しました。高価な箱ですから失敗したくないし。

ケースに穴を開けると内側に貼ってある注意書きに穴が...どうせ読めないのでヨシ!

バックレストをネジ止めして完成。

2008_0928_p92800392008_0928_p9280038 さぁ装着!
とりあえず写真を....って雨降ってきたので
この2枚でオシマイ。ちゃんとした撮影はあとで。
バイクの上に浮いている感はありますが、仕方ないでしょう。
ハンドルカバーをもう少しへこませて、キャリアも厚みが無いように工夫してくれれば、ベタ付けっぽくなるのにな。キャリアとしてじゃなく、トップケース取り付け用のベースとして専用で作ってくれないかな。キャリアは最大積載7kgまで。
トップケース+ベース板の重量が4.3kg
トップケースに入れられる最大積載3kg
計算上は7kg-4.3kgで2.7kgまで入れられる(あくまでも計算上ですから)

GIVIでスカイウェイブ用のキャリア不要できれいに取り付けるマウント出してるけど、強度が無いのか?積載重量が2kgになっちゃうので却下しました。

これでツーリングが楽しみです。
でも、子供生まれたばかりだからなぁ...(遠慮気味)
最近寒くなったし...(オジサン気味)

|

« 誕生日 | トップページ | ツーリング仕様改め、通勤通園仕様 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

先月タイプMを購入した者です。
GIVIのケース取り付けられるのか心配していました。
このサイト見つけて安心しました。
説明もよくわかりましたし。
大変参考になりました。

投稿: | 2012年9月23日 (日) 18時53分

たか さん。
見ていただきありがとうございます。
このブログ一年以上コメント無かったから嬉しいです(笑)
取り付けも参考になれば幸いです。

投稿: AZ | 2012年8月14日 (火) 09時02分

トップケース取付け、大変参考になりました!!
UP有難うございました。
私も群馬在住で黒のタイプMに乗っています。
時間のある時に、他の記事も読ませて頂きますね(^-^)

投稿: たか | 2012年8月14日 (火) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213679/42632534

この記事へのトラックバック一覧です: GIVIのトップケース装着!:

« 誕生日 | トップページ | ツーリング仕様改め、通勤通園仕様 »